中国の無形文化遺産となったチベット「ケサル大王伝」


【大谷寿一・おおたにとしかず】東京都生まれ。ドキュメンタリー映像作家。1973年、日本映像記録センター入社。TV番組『すばらしい世界旅行』などでアフリカ各地を取材後、フリーディレクターとして『地球浪漫』『新世界紀行』『報道特集』(TBS)、『ハイビジョン・スペシャル』(NHK)などで「大地と人間」をテーマに制作。2006年より東チベットでの取材を開始し、2012年、自主製作ドキュメンタリー映画『チベット天空の英雄 ケサル大王』を作品化。2014年には『天空の大巡礼を行く』を完成。上映情報はサイト(http://www.gesar.jp/)にて。


東チベットは、中国化している「チベット」と言われる。2006年以来、継続的に東チベットで取材を行ってきた大谷氏の映像からは、日本のメディアからは伝わってこない「中国のチベット」の姿が映り込んでいる。
(さらに…)

知られざるチベット英雄叙事詩「ケサル大王伝」を追う


【大谷寿一・おおたにとしかず】東京都生まれ。ドキュメンタリー映像作家。1973年、日本映像記録センター入社。TV番組『すばらしい世界旅行』などでアフリカ各地を取材後、フリーディレクターとして『地球浪漫』『新世界紀行』『報道特集』(TBS)、『ハイビジョン・スペシャル』(NHK)などで「大地と人間」をテーマに制作。2006年より東チベットでの取材を開始し、2012年、自主製作ドキュメンタリー映画『チベット天空の英雄 ケサル大王』を作品化。2014年には『天空の大巡礼を行く』を完成。上映情報はサイト(http://www.gesar.jp/)にて。


現在のチベットは、インド北西部ダラムサラを拠点とする亡命政権「中央チベット政権」と、中国政府の監視下にあるチベット自治区、中国・青海省、四川省地域における東チベットと呼ばれる3つの「地域」に分断されている。中でも、もっとも中国化している東チベット地域において、千年前誕生し、今なお語り継がれている世界最長のチベット英雄叙事詩があるという。ケサル大王伝―日本ではほとんど知られていない英雄叙事詩を追って2006年以来、東チベットで取材活動を続けているドキュメンタリー映像作家の大谷寿一氏に話しを聞いた。
(さらに…)

Mandiantレポートの研究

本レポートは、2013年2月に米国のセキュリティ企業Mandiant社が発表した中国のサイバー攻撃に関するレポートの一部を日本語でまとめることを試みたものです。本レポートの内容はオーソライズされておらず、Mandiant社レポートの内容を正確に記述しているものではありません。

このコンテンツを閲覧するにはログインしてください。ログインはこちらから→ . 会員登録はお済みですか ? 会員登録はこちらから。

宇宙ビジネスを現実にする米ベンチャーパワー

アメリカの民間企業によるロケット開発競争。主役はITビジネスで成功を収めたベンチャー企業だ。ITテクノロジーからロケットテクノロジーへ。そのどん欲なパワーは新たな価値を創造し、本格的な宇宙ビジネス時代の到来を実感させている。

このコンテンツを閲覧するにはログインしてください。ログインはこちらから→ . 会員登録はお済みですか ? 会員登録はこちらから。