日本でEmotetの感染拡大 死神?Ryukランサムウェアとの関連は

イギリスの国家サイバーセキュリティーセンター(NCSC)が今年6月に発表したRyukに関する報告書では「Ryukは他のマルウェアファミリー、特にEmotetやTrickbotバンキングトロジャとリンクしている」と記されている。Ryukは企業等を対象に身代金を要求するランサムウェア。政府の菅官房長官は11月末の記者会見でEmotetの感染被害が日本国内で相次いでいることを明らかにし注意を喚起した。EmotetとRyukはどのように結び付いているのだろうか?

(さらに…)

ランボルギーニに豪華な結婚式…米、国際的なサイバー金融詐欺のロシア人を告発

米司法省は国際的なサイバー金融詐欺グループのロシア人2人を起訴したと発表した。起訴されたのはウクライナ出身のMaksim Viktorovich Yakubets被告(32歳)とヨシュカル・オラ出身のIgor Olegovich Turashev被告(38歳)。逮捕につながる情報には最大500万ドルの懸賞金を出すという。サイバー犯罪者に対する懸賞金としては過去最大の額だ。

(さらに…)

【動物愛護管理法】第一種動物取扱業者が遵守すべき動物の管理の方法等の細目

(さらに…)

香港抗議活動を「暴徒」と報じるNHKは日本の報道機関と言えるか?

民主化を求める民意を区議会選挙で示した香港。犯罪者を中国本土に引き渡すことを可能にする逃亡犯条例改正案を契機とした抗議運動に対し香港警察は暴力的な鎮圧に乗り出し、一方で不審死や不可解な「自殺」の増加、複数の警察官による女性への性的被害の訴えなどが起きて香港社会は混沌とした中にある。この間、一連の香港情勢を日本に伝える報道機関であるNHKの報道に対し「印象操作ではないか?」「違和感を感じる」などの声があがっている。

(さらに…)

動物愛護管理法

(さらに…)

SNSを詐欺的に操る中国クリックファーム 香港デモで世論誘導にも?

Twitterは「合成または悪意をもって作成されたメディアに対するポリシーの策定」を進めており、広く意見を求めている。合成または悪意をもって作成されるメディアとはどのようなものだろうか?

(さらに…)

ロシアとの関係が取りざたされるTurla イランのサイバー攻撃インフラを利用か

情報収集を目的としたサイバースパイTurlaはサイバーセキュリティの世界でよく知られている。少なくとも2007年には活動をしており、世界中で継続的にスパイ活動を展開している。ターゲットは政府機関から軍、研究所、企業と多岐にわたっており、その活動拠点はロシアとも言われている。米国家安全保障局(NSC)と英サイバーセキュリティセンター(NCSC)はこのほどTurlaに関するレポートを公表、Turlaは中東地域の情報収集にイランのAPTインフラを利用していたことがわかったという。

(さらに…)

香港政府制定で注目される覆面禁止法と顔認証テクノロジー規制

逃亡犯条例改正案への反対運動を契機に当局への抗議行動が激化している香港。香港政府は抗議者のマスク着用を禁止する「覆面禁止法」を施行し、武力制圧も辞さない取り締まりで鎮静化を図っている。アメリカのサイバーセキュリティ企業は覆面禁止法について「私たち全員に関係があること」と指摘する。

このコンテンツを閲覧するにはログインしてください。ログインはこちらから→ . 会員登録はお済みですか ? 会員登録はこちらから。

サイバー戦争は始まっている スタックスネットの驚威(2010年)

このコンテンツを閲覧するにはログインしてください。ログインはこちらから→ . 会員登録はお済みですか ? 会員登録はこちらから。

欧州三井住友銀行巨額不正送金未遂事件(2004年)

このコンテンツを閲覧するにはログインしてください。ログインはこちらから→ . 会員登録はお済みですか ? 会員登録はこちらから。

中東で何が起きているのか? wiperはイランのサイバー兵器か

米国土安全保障省(DHS)は今年6月、wiperを使ったイランからの脅威が増しているとして警戒を促す声明を発表した。wiperは2012年8月にサウジアラビアの国有石油会社、サウジアラムコがサイバー攻撃によって3万台ものコンピューターが破壊された攻撃で使われたマルウェアだ。サウジアラムコへのサイバー攻撃はイランの関与が指摘されている。wiperはイランのサイバー兵器なのだろうか?

このコンテンツを閲覧するにはログインしてください。ログインはこちらから→ . 会員登録はお済みですか ? 会員登録はこちらから。

中東で何が起きているのか?サウジアラビアとイランをめぐるサイバー攻撃

無人機による攻撃で石油施設に大きな被害を受けたサウジアラビア国営石油会社のサウジアラムコ。世界最大規模の原油生産を誇る同社施設への攻撃が世界の石油市場を“直撃”している。イエメンの親イラン組織フーシが犯行声明を出したが、アメリカとサウジアラビアはイランが攻撃を行ったとの見方をしている。サウジアラムコに対しては7年前の2012年には3万台ものコンピューターが破壊されるサイバー攻撃が行われた。中東におけるサイバー事象と政治・経済情勢はリンクしているように見える。

このコンテンツを閲覧するにはログインしてください。ログインはこちらから→ . 会員登録はお済みですか ? 会員登録はこちらから。

バングラ中銀不正送金、Wanna Cry攻撃…アメリカが北ハッキンググループに制裁措置

サイバー空間の実態はこれまでセキュリティベンダーなどによって明るみになることが多かったが、昨今は国際的な制裁と抱き合わせで公にされるケースが目立っている。今年3月、北朝鮮のサイバー攻撃の実態を年次報告に盛り込んだ国連安全保障理事会の1718制裁委員会の専門家パネルは、このほど発表した新たな報告書の中で北朝鮮がサイバー攻撃で最大20億ドル(約2100億円)もの資金を得ていたと明らかにした。また、アメリカ財務省の資産管理局(OFAC)は北朝鮮の3つのハッキンググループに対する制裁措置を発表した。

このコンテンツを閲覧するにはログインしてください。ログインはこちらから→ . 会員登録はお済みですか ? 会員登録はこちらから。

ZTE、ファーウェイ…アメリカが警戒する中国通信機器メーカーとイランとの「関係」

米商務省は2019年5月、中国の大手通信機器メーカー、ファーウェイ・テクノロジーズ(華為技術)とその関連企業を同省産業安全保障局(BIS)のエンティティリスト(Entity List)に加えたことを明らかにした。エンティティリストはアメリカが国家安全保障や外交政策上懸念があると判断した企業や個人を登録しているもので、リストに登録された企業等にアメリカの技術や製品を提供する場合、米当局の許可が必要になる。中国通信機器メーカーをめぐっては、ZTE(中興通訊)に対しても2016年3月にエンティティリストに加えた経緯がある。アメリカはなぜ中国の通信機器メーカーを次々とエンティティリストに加えているのだろうか?

このコンテンツを閲覧するにはログインしてください。ログインはこちらから→ . 会員登録はお済みですか ? 会員登録はこちらから。

SNSでチベット人を監視している中国

WeChatはテンセント(騰訊、中国・広東省深圳市)が2011年にリリースした中国のSNSアプリだ。月間アクティブユーザーは約11億人にのぼっており、中国でもっとも人気のあるSNSだ。ところが、このWeChatによって中国内外のチベット人が中国当局から監視されているという。

このコンテンツを閲覧するにはログインしてください。ログインはこちらから→ . 会員登録はお済みですか ? 会員登録はこちらから。