アメリカとイラン 核開発疑惑の経緯とサイバー空間における「対立の歴史」

米軍の無人偵察機が撃墜された報復措置としてイランに軍事攻撃を行うことを攻撃開始10分前に中止したトランプ米大統領。その対立の背景にはイランの核開発をめぐる問題がある。そして、アメリカとイランの対立はサイバー空間においても熾烈な攻防が繰り広げられてきた。

(さらに…)

イギリスのNCSCがRyukランサムウェアの調査報告書を公表

イギリスのNCSC(National Cyber Security Center)が、Ryukランサムウェアに関する調査報告を発表した。
(さらに…)

イラン政権関与者からのサイバー攻撃の脅威に関し米CISAが声明

米国の国土安全保障省(DHS)は、イラン政権と関わりがある者や政権代理者からのサイバー攻撃の脅威に関し、CISA(Cybersecurity and Infrastructure Security Agency)のディレクター、クリストファー・クレブス氏の声明を発表した。日本を含む世界の大学や科学者を標的に学術データなどを狙ったMabna Instituteの活動への警戒を改めて示したもので、米司法省によればMabna Instituteの背景にはイラン政府やイスラム革命防衛隊がある。

(さらに…)

北朝鮮によるサイバー攻撃 国連安保理・専門家パネル年次報告

国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会専門家パネルが2019年3月に公表した年次報告書には、北朝鮮が金融システム等へのサイバー攻撃で不正に資金を取得して制裁を逃れている実態が記されている。専門家パネル報告書の北朝鮮サイバー攻撃に関する項目の要旨は以下。
(さらに…)

北朝鮮制裁で中国海運2社リスト入り、海上取引「関与」の船舶リストも公表―米財務省など

米財務省などは北朝鮮制裁に関し新たに中国の海運2社を制裁リストに追加した。また、海上での取引に関与した疑いのある船舶リストを公表した。
(さらに…)

Elon Musk & Team Discuss SpaceX Dragon 2 Launch Success

(さらに…)

China Xinhua Newsによる中国・高速鉄道関連まとめ

(さらに…)

Urging Japan to Apologize for Patrol Operations in the Rescue Operations Area

(さらに…)

駐イタリア 北朝鮮大使代理が亡命か

(さらに…)

韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について

防衛省は2018年12月28日、韓国海軍 「クァンゲト・デワン」級駆逐艦から、海上自衛隊 第4航空群所属P-1(厚木)への火器管制レーダーを照射された件について、当該P-1において撮影した動画を公表した。
(さらに…)