香港政府制定で注目される覆面禁止法と顔認証テクノロジー規制

逃亡犯条例改正案への反対運動を契機に当局への抗議行動が激化している香港。香港政府は抗議者のマスク着用を禁止する「覆面禁止法」を施行し、武力制圧も辞さない取り締まりで鎮静化を図っている。アメリカのサイバーセキュリティ企業は覆面禁止法について「私たち全員に関係があること」と指摘する。

このコンテンツを閲覧するにはログインしてください。ログインはこちらから→ . 会員登録はお済みですか ? 会員登録はこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です