中東で何が起きているのか?サウジアラビアとイランをめぐるサイバー攻撃

無人機による攻撃で石油施設に大きな被害を受けたサウジアラビア国営石油会社のサウジアラムコ。世界最大規模の原油生産を誇る同社施設への攻撃が世界の石油市場を“直撃”している。イエメンの親イラン組織フーシが犯行声明を出したが、アメリカとサウジアラビアはイランが攻撃を行ったとの見方をしている。サウジアラムコに対しては7年前の2012年には3万台ものコンピューターが破壊されるサイバー攻撃が行われた。中東におけるサイバー事象と政治・経済情勢はリンクしているように見える。

このコンテンツを閲覧するにはログインしてください。ログインはこちらから→ . 会員登録はお済みですか ? 会員登録はこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です