バングラ中銀不正送金、Wanna Cry攻撃…アメリカが北ハッキンググループに制裁措置

サイバー空間の実態はこれまでセキュリティベンダーなどによって明るみになることが多かったが、昨今は国際的な制裁と抱き合わせで公にされるケースが目立っている。今年3月、北朝鮮のサイバー攻撃の実態を年次報告に盛り込んだ国連安全保障理事会の1718制裁委員会の専門家パネルは、このほど発表した新たな報告書の中で北朝鮮がサイバー攻撃で最大20億ドル(約2100億円)もの資金を得ていたと明らかにした。また、アメリカ財務省の資産管理局(OFAC)は北朝鮮の3つのハッキンググループに対する制裁措置を発表した。

このコンテンツを閲覧するにはログインしてください。ログインはこちらから→ . 会員登録はお済みですか ? 会員登録はこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です